病的口臭とは

文字通り病気による講習を病的口臭とします。
とくに歯肉炎や歯周炎といった歯周病が主な原因になります。

 

虫歯であったり、詰め物やクラウンが口内に存在することで
プラークコントロールに影響がおよび口内の衛生状態が不安定になります。
この結果として、いや〜な臭いが放たれます。

 

ココで問題になるのが歯周病が自覚症状が薄いことです。
歯周病が原因の口臭に気付けたとしても、
気付いた頃にはほぼ進行している状態にあると言えます。

 

歯茎が腫れたり、血が出やすくなった、
食べ物が歯間に詰まりやすくなったなどの異変があった場合は
歯周病の可能性が疑われるので早めに歯科医院で診てもらいましょう。

 

歯周病など病気が原因の口臭は、
よくある市販の口臭アイテムやグッズなどでは根本的に治すことができません。
しっかり改善するには歯周病自体を治す必要がありますから、
歯科医院に通院して治療を行うようにしてください。

 

ただし、セルフケアも必要です。
セルフケアでは、歯磨きを念入りに行いましょう。
歯磨き粉を選ぶ際は、なた豆配合タイプがおすすめです。

 

なた豆に含まれるカナバニンヤコンカナバリンAといった成分が、
歯周病・歯槽膿漏の症状に働きかけます。
同じ歯磨きでも歯磨き粉次第で違いますので、
今現在使用している歯磨き粉を見直してみましょう。